ニューイング株式会社 RECRUIT SITE

社員紹介

TOP > 社員紹介 > 渡部 敬子

PMOとしてプロジェクトに携わる、
そこに新たなキャリアの可能性を
描きました。

KEIKO WATANABE
渡部 敬子

2015年入社/前職:システムエンジニア

PMOとして、大手生命保険会社の新規システム開発を担当。
SEとして培った開発経験を活かし、
現場を知る者ならではの適切なサポートに注力。

次のキャリアが見えなくなっていた時、
ゼロから自分を試せる場に出会えた

私が就活をしていた2001年は“ITバブル”の真っただ中で、私もその流れに乗る形で中堅SIerに就職しました。仕事は面白く、PGからSE、チームリーダーへとキャリアアップを果たしたものの、いつしか同じ作業の繰り返しになり、将来のキャリアについて不安を感じるように。かつての上司が新会社を立ち上げると聞いたのは、まさにそんな時でした。ゼロからもう一度自分を試してみたい、その気持ちが高まり、私は設立メンバーに加えてもらうことになりました。

SEしての長い経験が、PMOとして最大の強みになっている

いま私はPMOとして、大手生命保険会社の新規システム開発に携わっています。リリースまでに3年、PMOだけで20名を数える大型案件ですが、PMOの半分は当社のメンバーなので気負うことなく取り組めています。前職ではSEのリーダーとして開発のとりまとめを任されていましたが、PMOとしてプロジェクト全体を把握しサポートしていくのは初めての経験で、当初は大切な部分を見落とす場面もありました。要件定義の段階で甘い部分があることに気付かずスケジュールが詰まってしまい、リプランを余儀なくされたことも。PMOとしてもう少し早く進言できていれば、と悔やんだ経験も、いまの自分の糧になっています。 私の強みは、SEとして培ってきた多くの開発経験。現場で流れを見れば問題点が判り、解決のポイントを絞り込むことができます。PMOのなかには現場経験が無い人もいますが、NEWINGSのメンバーは誰もが専門分野を持つエンジニアであることは、当社の大きな強みだと思います。

国際資格を取得し、
PMOとしてひとり立ちを目指したい

PMOというのは、時にプロジェクトメンバーに指摘をしたり、クライアントにも意見しなければなりません。そうした難しさを乗り越え、無事にリリースできた時は本当に嬉しくなります。指導したメンバーから感謝の言葉をいただけることもあり、やりがいを感じますね。何より、PMOとして前職からキャリアアップを果たせたことが、今の私の自信につながっています。 私の次の目標は、ひとつのプロジェクトを単独で任せてもらえるPMOになることです。そのステップとして国際資格であるPMPの取得を目指し、日々学んでいるところです。
NEWINGSはまだ5年目の新しい会社なので、強い想いがあればやりたいことにチャレンジできる自由な風土があります。気心の知れた仲間と新しいことを実現していく、そこに魅力を感じていただけたら嬉しいですね。